古銭の中でも比較的新しい部類に入るプレミア紙幣。
そもそもプレミア紙幣とは何なのか、またプレミア紙幣をどうやったら高く売ることができるのでしょうか?

 

プレミア紙幣とは?

プレミア紙幣とは額面以上の価値があり、高値で売買されている紙幣のことです。普通紙幣は額面に書かれている価値の分だけの価値があり、それは紙幣自体に価値があるのではなく、社会でその分の価値があるという信用で成り立っているものです。しかし紙幣の中には製造番号がキリの良いキリ番やゾロ目になっているもの、印刷ミスされたエラー品などかなり希少なものが存在し、それらがプレミア紙幣としてコレクターなどに高値で売買されることがあります。他にも使われていない100円札などの旧紙幣もプレミア紙幣として高値で売られていることがあります。

 

プレミア紙幣を高く売る方法

・きれいな状態にする
プレミア紙幣の査定はピン札、いわゆる新札が基本となっているので、新しくてきれいな状態のものがより高値で売ることができます。紙幣をきれいにするのは素人には難しいことなので、たまたま財布のなかからプレミア紙幣を見つけたら、汚れや折り目などがなるべくつかないように保存しておくと良いでしょう。

 

・複数買取してもらう
一枚だけ売るよりも複数で売った方が高値で売れることがあります。業者に一枚だけ査定してもらってもあまり高値をつけてもらえないことがありますが、複数用意して持っていくとそれぞれ高値で査定してもらいやすくなり、また買取価格にプラスして代金をもらえることがあります。プレミア紙幣はなかなか手に入らないものですが、紙幣だけではなく硬貨も探して持っていくと良いでしょう。

 

相場の紹介

プレミア紙幣のおおよその相場は額面の値段+プレミアの要素ごとの値段になっています。
例えばゾロ目であれば2000円の付加価値があり、その数字が7や8など縁起の良いものだともっと高値で売れる可能性があります。製造番号が000001番であれば4000~5000円の付加価値があります。

 

・ヤフオクで実際に落札されたプレミア紙幣の一覧
日本銀行券十円札・表面印刷漏れエラー品
こちらは63888円で落札された十円札です。写真下の紙幣が落札された十円札ですが、上の正規のものと見比べてみると、右部分の鳳凰の絵の額縁にあたる部分と日本銀行券拾円という文字、また左部分に印刷されるはずの国会議事堂の絵とそのまわりの拾(10)の文字(数字)が印刷されていないという印刷ミスが出ています。

 

日本銀行券十円札・福耳 番号印刷ミスエラー品

 

こちらのエラー紙幣は先ほどの十円札と同じものですが、紙幣の左部分に福耳と呼ばれる裁断の過程で生まれた裁断ミスと左部分の国会議事堂の下部分に印刷されるはずだった製造番号が印刷されていない印字ミスが同時に起こっているかなり珍しいプレミア紙幣です。こちらは41000円で落札されました。

 

野口英世千円札 印刷ミス エラー品

 

こちらは現在の紙幣として使われている野口英世が印刷された千円札のエラー紙幣です。本来一定の角度からではないと見えないようになっている「千円」の潜像模様が出たままになっており、さらに紙幣の左部分の印刷が薄くなっています。現代の紙幣で2つもミスが起こるのは非常に珍しく、落札価格は額面の11倍である11000円になっています。

 

日本政府紙幣 富士桜50銭・靖国50銭 4枚セット エラー品

 

セットで落札されたプレミア紙幣です。写真左の2枚が印刷ミスで上が赤い文字が薄くなっており下が印刷の色が普通のものよりも赤くなっています。また右2枚は裁断がずれている裁断ミスになっており、8800円で取引されました。

 

 

プレミア紙幣の買取に関する事
・旧一万円札・旧五千円札の値段は?
プレミア紙幣と言って今は発行されていない聖徳太子が描かれた旧一万円札と福沢諭吉が描かれた旧五千円札などを思い浮かべる人がいると思います。どちらも現在では日常的に使われないので、もしかしたら高額になるかもと思われるかもしれませんが、どちらも今でも相当数存在しているため額面以上の価値はありません。今使われている紙幣と交換しようとすると手数料がとられる分、かえって額面以下になってしまうことがあり、プレミア紙幣として売ることは難しいでしょう。

 

・二千円札はプレミア紙幣なのか?
比較的新しい紙幣ではあるものの、日常的にはなかなかお目にかかることがない2千円札。
そのため売買すると額面より高くなるのではないかと思う人もいるかもしれませんが、2千円札は今でも機能している紙幣であるため、普通の状態であれば高値で取引されることはありません。ただしエラー品であればその希少性によって他の紙幣よりも高値になることはあります。

 

まとめ

プレミア紙幣は古銭の中でも比較的新しい部類であり、現金の紙幣にもある可能性があるものです。もし見つけて売りたいと思ったら、是非ここに書かれていることを参考にしてみてください。

TOPへ