・古銭を購入する際の注意点
今まで古銭に興味がなかったけどきっかけがあってコレクションしてみたいと思っている人がいると思います。
しかし古銭は他のアンティークと同様に普段買い物している商品とは異なる注意をする必要があります。

 

古銭を購入する際の注意点
・偽物に注意
古銭は偽物が多く出回っています。そのためお店で本物と売られているものでも偽物の可能性が十分にあり、注意深く見分けないといけません。偽物の可能性があるものの特徴としては
・紙の材質や図面が本物と違う(紙幣)
・表面がザラザラしている(硬貨)
・重さや大きさ、厚さが本物と違う(硬貨)
・硬貨の側面の線の太さがバラバラ、また線が短い(硬貨)
・図柄が本物と違う、深く刻み込まれていない(硬貨)
・文字の書体が違う、文字の刻み込みが浅い(硬貨)
などがあります。しかし今日では偽物を作る技術が発達しているため、素人目では見分けがつかないものもあり、また偽物の特徴があるものでも本物である可能性があります。古銭を購入する前に骨董市や古銭専門店などに通って古銭の見る目を鍛えておくとよいでしょう。また購入する際には鑑定書付きのものを買うと安全です。

 

・同じ古銭でもお店・時期によって価格が異なる
古銭は同じものでも売っている場所や時期が変われば値段も変わることがあります。古銭の相場はその時期の需要によって左右されるため、需要があれば値段も高くなり、逆に需要がなければ値段は安くなります。人気のある古銭は無論需要があるということなので値段が高いので、欲しい場合はすぐに購入するのではなく、複数のお店に行ったり時期をずらしてみたりして購入を検討しましょう。

 

・信頼できるお店を探す
お店に置かれている古銭でも偽物が紛れ込んでいることがあり、また偽物とわかっていても置いていてお客さんに買わせるという悪質なところもあります。こうしたお店に行って間違って偽物を買わないように、信頼度の高いお店を調べることが重要です。お店が信頼できるかどうか調べるには、そのお店の口コミを調べると良いでしょう。

 

・オークションで買うと手数料がかかる
古銭などのアンティーク品はオークションで販売されていることが多いですが、オークションを利用する場合にはその手数料に注意しないといけません。実店舗であれば古銭自体の値段のまま購入すれば良いのですが、オークションでは古銭の価格だけではなく手数料もかかるため、それを知らずに利用すると想像以上にお金がかかってしまうことがあります。オークションで古銭を入手する場合は、手数料のことも含めて購入するかどうか決めるようにしましょう。なおオークションで購入する際は実物を直接見たり触ったりすることができないことがあるので、実店舗よりも信頼がおけるかどうかがかなり重要です。

 

まとめ
古銭は高額なものもあるため他のアンティークと同様、偽物をつかまされる可能性があります。またわざとお客さんに偽物を買わせる悪質なお店もあるので、購入する前にしっかりと古銭やお店のことを調べ上げ、また自身の観察力も養っておくようにしましょう。

TOPへ